【書籍】ストレスが消える「しない」健康法 (角川SSC新書) [Kindle版]

冒頭はストレスの話でケリー・マクゴニガル氏の話を出して、「ストレスは悪いものではない」と掲題を否定しているところが面白い。

単にストレスに対する扱いを心の持ちようとせずに、フィジカルの反応をみて、対処を考えようというアプローチ。つまり、今のマインドセットにあった対処法というのを提示してくれているわけだ。その点で、即効性があり心強い一冊となるだろう。
変わらなきゃ救われないわけではないのである。それなりの方法はあるのだ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水蕗をフォローする

スポンサーリンク