お任せする気持ち

IMGA0343

自分のできることから

「自分のできることから」というのは、苦境にあるときによく聞かれるフレーズだ。「まずはやれることからやっていくしかない。」「手元にあるものを片付けていこう。」という、視線を下に落とし気味のちょっとネガティブなイメージがあるかもしれない。

この言葉の真意はそうなのだろうか?

他人は変えられない

苦境になければ「自分のできることから」やらないのだろうか?自分はしっかりできていると自負するならば、他人を叱咤激励したり、飴と鞭を巧みに使うのが良いのだろうか?

人は変わろうと思わないと変わらないものだ。もちろん、助言がきっかけになるかもしれないが、それも「変わろう」と思うきっかけである。直接他人を変えることはできないのだ。

自分のできることしかできない

結局、自分のできることからやるしかなく、当たり前のことだが、自分のできることしかできないのだ。人を変えることはできない。自分の考えは変えることができる。自分の環境も一部は変えることができる。

意外と「自分のできること」の範囲を誤認しているのかもしれない。

嘆くのではなくお任せする

人が嘆くのは、うまくいかないときである。思い通りに行かないときである。まず、それ自体が自分でなんとかできる範囲なのかを考えると良い。

大概は、ある程度影響を与えることはできるが、自由にはならないことに違いない。

自由にならないことを「自由にならない」と嘆いてもそれは当たり前のことなので、どうすることもできない。それこそ天に任せるしかないのである。

なにも「天に任せればうまくいく」と言っているわけではない。どうすることもできないことに「嘆き」というパワーを使っても無駄だと言っているのだ。

難しいこと

うつじゃない人はこれが簡単にできるというわけではなく、これは普通に難しいことで、この気持ちを常に持ち続けられるのであれば、人生の達人と呼べるのではないだろうか。

でも、特に問題を抱えないかぎりこういうことは考えないだろうから、こういう自分の心の動きが大切だと心底感じることができるのは、悪いことではないと思う。

いい感じにがんばりましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水蕗をフォローする

スポンサーリンク

コメントを残す