無理せず自分と向き合いながらちょっとずつ考えながら

意外と風邪の治りが遅く、今日、日曜日の朝まで変な咳をしておりました。本来ならば、朝に出社の予行練習をやろうと思っていたのですが、断念して、作戦を変更しました。

とりあえず、咳が落ち着き(まだ出ますが)、眠気が無くなるまで布団にインしていました。動き始めたのは14時くらいでしょうか。

社長と役員には月曜に出社する旨を伝えていたので、そこは変えずに、それなりの準備をしてみました。(義務ではないことが重要です。意志を表明しただけなので、「やっぱり行きません」と伝えることも選択肢として残っています。)

まず、月曜の出社ですが、少なくとも開発メンバーの出社は義務付けられておらず、特に月曜は12時くらいになることが多いことを、感触で得ています。それであるならば、7時くらいに出社して12時に切り上げると、下手したら顔を合わせないかも知れません。

会社で一人で作業をしているだけでも、自宅でふにゃっとしているより、メリハリがついて、生産性も上がるでしょう。(実は自社サイトのリニューアルを仰せつかっております。)

まずは、初手です。他のメンバーが出社してきたら挨拶だけして上がってもいいでしょう。

繰り返しますが、出社は義務付けられていないので、出社はしなくてもいいのです。そこは勝手にやっていいということを社長からも言われています。役員からも「無理せずに」と言われています。

なぜ出社するのかというと「出社したほうがいいと判断したから」です。「出社しない」のと「出社できない」のは、心の在り方が全然違います。

これは仕事なので、楽なほうではなく、パフォーマンスが上がるほうを選択したのです。

そうなれば、いちばん重要なのは、「7時前」という時間ではなく、開発メンバーのだれよりも早く出社することです。

そんなことを自分以外の人が気にしていないかもしれませんが、自分として収まりがつかないという気持ちを無視してはいけません。

一番をとるのなら、出社9時15分なら確実に社内の一番をとれると思います。でも、それだと通勤時のコストが高いのです。でも、社内の二番なら10時出社でとれますし、はじめは私はだいたい二番でした。そして、10時に出社して、私より先にいる人は、開発のメンバーではありません。

そうはいっても、そのあと10時半から12時くらいのあいだに開発のメンバーがくるので、下手したら30分くらいで退勤です。

だから「7時前」なのですが、こういった前提を前日に余裕をもって確認しておくことは、非常に重要です。

なぜかというと、明日の朝、会社に7時前につける時刻をとうに超えて目が覚めたときの判断に重大な影響を与えるからです。

「あー駄目だ!」と思ってそこで自宅から一歩も出ないのが一番良くないのですが、それを簡単に選択してしまわないように、「松竹梅」というか「甲乙丙丁・・・」な作戦を用意して・・・いる暇がないこともあります。

何がいいたいのかというと、「これさえできれば自分はしくじったと思わない」ポイントを見極めておくことが必須ということです。(作戦をごちゃごちゃ考えているうちに、本質に気づくことはあるかもしれません。)

つまり、「10時くらいまでに出社」がマストということです。

それを元に、本日昼過ぎに、体が動くようになってから私がまずやったのは、アプリを使ってスクワットと腕立てです。その後、すきあらば、チューブトレーニングもちょこちょこしました。そして、夕方あたりで、本を読みながら裸足で踏み台昇降を30分やりました。歩数にすれば2500歩くらいでしょうが、シャツの背中と脇に汗のあとがにじむ程度にはキッチリ有酸素運動できました。

つまり、運動で睡眠の質をあげようとしたわけです。夜になって慌ててなにか運動しても逆効果であることは知っているのでちょこちょこ運動をしていったのです。

踏み台昇降ではなくてジョギングならなおいいのですが、あいにく、すぐ近くの競馬場でG2レースがありまして、人通りの多い道路にあまり出たくない気持ちがあったので、自宅内で完結させました。

そうはいっても、空きビンはちゃんとゴミ庫に出しに行ったので、今日は上出来だと思います。(こうしてブログも書いていますし。)

では、続報・吉報をお待ち下さい!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水蕗をフォローする

スポンサーリンク

コメントを残す